含まれている水分量

ドッグフード

ドッグフードは、色々なメーカーから発売されていたりとその種類が豊富です。
実際に、ドッグフードを販売している通販サイトを見てみると、そこには実に色々な商品が販売されています。
また、このドッグフードは商品によって食感もそれぞれです。
食感を楽しめる理由として、ドッグフードに含まれている水分があります。

ドッグフードに含まれている水分は、それぞれの種類によって異なります。
それは、含まれている水分量が10%以下のものもあれば、75%以上含まれているものもあります。

含まれている水分量によって食感が違う他に、名前も異なります。
上記でも述べたような含まれている水分量が10%未満の場合、「ドライフード」と言います。
ドライフードの特徴は、水分が多く含まれていない為に開封後も長期に渡って保存ができる事です。
また、保存の際の温度も常温によって保存できます。
固形で噛みごたえもある為、犬にとっても満腹感を与えます。

含まれている水分量が25%から35%前後になるのが、「セミモイストフード」と「ソフトドライフード」です。
これらは、ドライフードに比べて食感がソフトである事が特徴です。
セミモイストフードとソフトドライフードの違いは、加工時にドライフードのように膨張させているかどうかという点です。
セミモイストフードの場合はそのような加工は行っていませんが、ソフトドライフードの場合は膨張加工がされています。

缶詰やレトルトタイプとして良く見かけるドッグフードは、「ウェットフード」と言います。
このタイプは、食材に含まれている水分がおよそ75%となっています。
使用されている食材には、肉、魚、野菜となっています。
味も豊富な種類が揃っていますが、開封後には長持ちさせる事はできません。